大地を揺らすほどの轟音。海から聞こえる謎の音の正体はなに?

私たちはまだ深海の95%を知らない。
美しく見える海の中、未知のなにかがいたとしても不思議ではない。
そんな未知の生き物のの一端をとらえたのが、「謎の音」だ。
音は声でもあり、ボリュームから生物の大きさがわかる。
科学では説明できない、想像が追いつかない、深海に発生した音を見ていこう。

約5000km離れた場所から聞こえた「ブループ」

ことは1997年、アメリカにさかのぼる。
海洋大気庁が設置した、海中の音を検知する装置が、謎の音をとらえた。

魚が移動しただけではないか?
海中にある物が動いただけでは?

学者たちの目を引いたのは、それが約5000㎞離れた場所から聞こえた音だったからだ。
さらにその音は自然現象、人工物の音に当てはまらなかった。
「周波数の急激な変化がある」ことから、動物由来の音に似ていると指摘する声もあった。
約5000㎞にまで響く音。地球最大といわれるシロナガスクジラでさえ、声の届く距離は最大1000㎞ほどだ。

生きものだったら一体?

生き物なら、体長は約215メートルだと推測されている。
これは電通本社ビル(213.337m)や渋谷スクランブルスクエア(229.71m)六本木ヒルズ森タワー(238.05m)ほどになるということだ。
想像してみよう。
10,000㎞以上の深さがあるという海に、そのような生き物がいてもおかしくはない。

当時、科学者のあいだでは、「未知の巨大生物」という可能性を捨てきれないものや、「氷山が動いた音だ」「海中の火山が噴火した音だろう」さまざまな憶測がされた。
そして2008年、アメリカの海洋大気庁(NOAA)は、ブループが氷山が割れて崩落したときに起こる音と非常に似ているという研究結果を出した。

しかし、2012年、「人魚がもたらした」のだと発表する学者もあらわれる。
氷山では急激な周波数の変化など、説明できないところが多かったからだ。
この謎の音の正体はまだ海の中にある。

女性の名前を叫んでいるように聞こえた「Julia」

1999年3月1日に、約15秒、一度だけ録音された海の音だ。
太平洋のあらゆるところに設置されたハイドロフォン(海中の音を検知する装置)すべてが反応したという。
非常に大きな音で、「Julia(ユリア)」と女性の名前を叫んでいるようだった。
そのために「ユリア」と名付けられている。

原因は「南極の氷山が崩れたため」という見解が一般的なものの、ハッキリとはされていない。
広大な太平洋を揺るがす声、本当に「氷山」といって終わらせていいものなのだろうか。

未知の巨大生物の歌

1989年、アメリカ海軍が作った「SOSUS」という潜水艦を検知するための装置が、海中の奇妙な歌をとらえる。
シロナガスクジラが仲間を呼ぶ音のパターンと同じであり、クジラの仲間だと思われた。
しかし、明らかに違う部分があった。

シロナガスクジラは10~40Hzで発声する。フィンクジラは20Hz。
その奇妙な歌は、どのクジラにも当てはまらない「52Hz」で仲間を呼んでいた。

マサチューセッツ州のウッズホール海洋研究所(WHOI)のワトキンス氏は、生涯をかけて、このクジラの正体を追った。
彼は言う。
「これがクジラなら、ほかにも52Hzで呼び合う仲間がいるはずだ。しかし、一年中どれだけ調査をしても、この52Hzで発声する生き物は1つしか見つかっていない。」

このことから、「世界で最も孤独なクジラ」と呼ばれている。
そのほか学者が考察するのは、シロナガスクジラと何かが混ざったものではないかという。
2020年もまだ、52Hzのクジラを探す旅は終わっていない。
本当にクジラなのか? それすらもわかってはいないのだ。


このほかにも、海には奇妙な音が記録されている。
何かがうごめく音。生き物かもしれない。生き物ではないかもしれない。
海の奥底には、あなたの知らない何かがいる。
船に乗ったら海面をのぞいてみよう。
「何か」と目が合うかもしれない。

人気記事

1

Redditはアメリカ版2ちゃんのようなサイト。米版2ちゃんに投稿されたなかから、3人の怖い話をご紹 ...

世界の怖い人形たち 2

キュートともいわれるし、一部では怖いとも思われているエルモ。海外では子どもへのギフトによく選ばれてい ...

山の中の怖い話 3

登山、ハイキングなど山や森に入った人のうち、毎年300人近くが行方不明となっている。令和元年の行方不 ...

怖い話 4

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

深海生物 5

海の奥底に、何がいるか想像できるだろうか?脳や臓器がなくても生きている不思議なもの、エイリアンのよう ...

-不思議

© 2021 INZY:インジー