クマに襲われたら?【クマを銃なしで撃退した人から学ぶ】

クマは軽くひっかかいただけで、人間の皮膚を紙みたいに破れる。体長は2m近く、またはそれ以上が普通であり、立ち上がれば人を見降ろせる。
まるで巨人のようなクマから、どうやったら助かるのだろうか。

クマを撃退することができた三人

クマは非常に臆病といわれているため、まずクマに会わない、近づかせないといった対策をしなくてはいけない。
クマに会ってしまい、近づかれたら最後。誰もがそう思ってしまうが、クマに応戦して追い払った例がある。

クマに目つぶしを食らわせた63歳空手家

群馬県長野原町。63歳男性が山菜採りをしているとき、クマ接近。男性が気づくと、すぐにクマは臨戦態勢に入り、男性に襲いかかった。

男性はヘッドロックをかましたり、空手技で応戦したりしたが、クマに強い力で振り払われたり、腕や足に噛みつかれたりと激しい戦いをした。

男性は「これはやられそう」と思い、クマの右目を突いたたところ、ひるんで去っていったという。

63歳男性は地元で名を知られた空手の高段者。クマに応戦した力だけでなく精神力もすばらしい。記者のインタビューでは「耳がまん丸だった」「すごい力だったよ」と、とてもトラウマレベルの体験をしたとは思えない感想を言った。

ノートパソコンで叩いて撃退―アメリカ19歳女性

2020年6月、米カリフォルニア州南部で、19歳女性・シエラ・マドレさんが裏庭のイスに座り、眠っていたところ、クマに襲われた。
マドレさんは食料をもって眠っていたわけでもなく、小グマと母グマのあいだに入ったわけでもない。「食料」としてねらわれた可能性が高かったという。

クマはマドレさんの手足をひっかき、脚に噛みついた。
そのとき女性がもっていたのはノートパソコンのみ。
脚の痛みにたえながら、ノートパソコンでクマの頭を強く殴った。クマがひるんだ隙に屋内へと入り、事なきを得たという。ちなみにこのクマは今も見つかっていない。

クマをはたいて撃退した82歳女性

2020年7月16日、広島県、佐々木留美子さん・82歳女性が自宅の裏庭で草むしりをしていたところ
、ツキノワグマがあらわれた。クマの体長は約150cm、体重は150kgほど。

クマは佐々木さんと目が合うと襲いかかり、ひっかくなど攻撃をしてきた。
佐々木さんはキャーッと悲鳴をあげて、がむしゃらにクマの顔を叩いたところ、クマが吹っ飛んでいったように見えたという。
生命力をフルにつかった「火事場の馬鹿力」が起きたのだろうか。

クマに襲われたときはどうする?

撃退した人たちの共通点を見ると、以下のことが考えられる。

絶対に走って逃げてはいけない

恐怖の対象を目の前にしたとき、多くの人は見えないように背を向けたり、走り出したりしてしまう。
背を向けて走り出すと、クマの狩猟本能を刺激してしまうため、最も危険な行為だ。

またクマは本気を出せば時速60㎞以上の速さで走れるらしい。常人が走って逃げたところで、すぐに追いつかれて終わってしまう。

怒鳴り声をあげる

クマはもともと臆病な性質で、大きな音や声に弱い。
とくにバイクの音など低くうなるような音は、強い恐怖やストレスになるようだ。
動画の男性のような声の練習をしておくといいかもしれない。

どこでもいいから強く殴る

サメの場合、「鼻先を殴れ」と言うが、クマは体全体に痛覚があるため、どこでもいいからとにかく殴る。
臨戦態勢に入ったクマが少しの刺激で目を覚まし、もとの臆病な性質に戻って逃げることがよくあるという。
武器をなんでもつかったり、目を突いたりなどして応戦しよう。
生きるのをあきらめたら確実に終わる。やられっぱなしではダメ。


参考:J-Cast news北海道野生動物研究所CNN.newsなど

人気記事

1

Redditはアメリカ版2ちゃんのようなサイト。米版2ちゃんに投稿されたなかから、3人の怖い話をご紹 ...

世界の怖い人形たち 2

キュートともいわれるし、一部では怖いとも思われているエルモ。海外では子どもへのギフトによく選ばれてい ...

山の中の怖い話 3

登山、ハイキングなど山や森に入った人のうち、毎年300人近くが行方不明となっている。令和元年の行方不 ...

怖い話 4

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

深海生物 5

海の奥底に、何がいるか想像できるだろうか?脳や臓器がなくても生きている不思議なもの、エイリアンのよう ...

-LIFE, 怖い

© 2021 INZY:インジー