「不気味…」ホラーじゃないゲームであった5つの怖いウワサ

ホラーゲームじゃない普通のゲームをしていたはずなのに、不気味な現象に出会ったことはないだろうか。
有名なゲームでいうと「ポケモン」だろう。ポケモンはシリーズごとに幽霊に会ったり、恐ろしい背景が潜んでいるような気がしたりする。

ポケモンを含めて、ホラーゲーム以外で起こった5つの怖いウワサをご紹介しよう。

1.ラベンダータウン症候群

ポケモン赤緑の怖い話
引用:kotaku.com

「あなた ゆうれい は いると おもう?」

今の世代の子たちは知らないだろう。1996年2月27日にリリースされたポケモン赤緑。初代のポケモンゲームだ。

ポケモンにはたくさんの怖い都市伝説があるが、この赤緑に出てくる「シオンタウン」を超えるものはない。

シオンタウンには、ポケモンの大きな霊園があり、ゴーストタイプがよく出没する。
ある道を通るのに、なぜか幽霊がしつこいほどに邪魔をしてきたり、ロケット団がポケモンにおそろしくヒドイ実験をしていたりなど、悲しいエピソードがつまっている街だ。

まずシオンタウンに着くと、周波数がおかしい奇妙なBGMが流れる。当時はこのBGMを聞きたくなくて、多くの子どもが音量をオフにしたり、ポケモンセンターに急いだりした。

海外のウワサでは、このBGMを聞いて自殺した子どもが100人以上いるとされている。

「自殺した子どもの家を調べたら、ポケモンのセーブデータがすべてシオンタウンで止まっていた」

日本でもポケモン赤緑が発売されてから、12歳の子どもたちが相次いで自殺に走ったり、病気になったりしたそうだ。

これらの現象は「ラベンダータウン症候群」と呼ばれている。

また怖いのは、シオンタウンで一人の女の子に話しかけると、「あなた ゆうれい は いると おもう?」と聞かれること。

『いいえ』と選択すると、

「…あはは そうよね! あなたの みぎかたに しろい てが おかれてる なんて ・・・あたしの みまちがいよね」

2.Taboo:sixsence

任天堂の怖い話
引用:HG101

「何が起きても自己責任」

ほとんどの人が聞いたことがない、といわれるほど珍しいものだが、実は任天堂が1989年にリリースしたビデオゲームだ。

タロット・シミュレーションゲームであり、名前・性別・生年月日を入力すると、過去や未来、問題などをタロットで占ってくれるゲーム。

なにも不自然なことはないはずだが、なぜかこのゲームは任天堂が初めて「14歳以上がプレイするように」と指定した。

さらに「娯楽の目的だけに使用」「何が起きても自己責任」と奇妙な注意書きがされた。

海外で広がっている都市伝説では、Tabooのタロット占いが、何人かの若者の死を予言したとされている。

3.マインクラフトにあらわれた謎のプレイヤー

マインクラフトゲームの怖い話
引用:degrassi.wikia.com

2010年、マインクラフトで謎のプレイヤーを目撃したという報告が多くあがった。
そのプレイヤーは「Herobrine(ヒロブレイン)」と呼ばれる。

ヒロブレインは普通のプレイヤーと同じ姿をしている。ちがうのは、目が真っ白になっていることだ。

一人でしかプレイできないはずのワールドに突然あらわれ、木を切り取ったり、モンスターを倒したりしているらしい。家の中にまで入ってきたという声もある。

ヒロブレインに近づこうとすると、霧の中に逃げていく。または角を曲がったりすると、もうそこにいない。

あるユーザーが、ヒロブレインを突き止めて調べたところ、Herobrineはスウェーデン人に使われる名前であり、ノッチという人物の兄弟であることが明らかになった。

そこでノッチに「ヒロブレインという人はいないか?」と聞くと、ノッチはこう答えたそうだ。

「ヒロブレインはいないし、一度もゲームをプレイしたことはない。」

しかし、ヒロブレインの目撃情報が世界中で多く寄せられている。たくさんの人が見たヒロブレインとは、いったい何なのだろうか。

4.Pale Luna

Pale Luna(ペール・ルナ)は1980年代にアメリカでつくられたコンピューターゲームだ。
このゲームはほとんどテキストだけで進む。

起動画面は「あなたは暗い部屋にいます。月の光が差し込んでいます。」と白い背景に、テキストだけ。

「ここには金とシャベル、ロープがあります。」
「東側に扉があります。」

そして、どのアイテムを持っていくか、扉を開けて外へ出るか、のコマンドが出る。

コマンドを選択すると「あなたは森の中にいます」という画面に変わり、東・南・西・北、どちらに進むかを聞かれる。

それからはバグが多く、北以外の方角を選択すると、ゲーム画面がフリーズし、再起動しないといけなくなる。

ゲームの言う通りに北へ進んだあとも、「金を使ってください」「シャベルを使ってください」と指示が出るが、いざ使おうとすると「ここじゃない」や「今はやめよう」といった表示が出てきて、何も進まない。少ないユーザーをムカつかせ、ディスクを捨てさせた。

海外のファンタジー作家も「不可解で無意味で完全にクリアできないゲームだ」と批評した。しかし、作家に知名度があったために、この発言で、Pale Lunaが注目をあびるようになった。

そしてマイケル・ネヴィンズという人物がPale Lunaに興味をもち、完全クリアを目指してプレイする。5時間以上かけて、なんとかネヴィンズは新しいテキストを出すことに成功した。

「Pale Lunaは、ほほえんでいます」

「地面がやわらかい」

「ここ」

というコマンドが表示され、金・シャベル・ロープすべてを使用。「おめでとう」という文字のあとに、不規則な数字の羅列が表示された。

ネヴィンズはこの数字の意味を考察し、経度と緯度をあらわしていることを発見。不規則な数字は、ある特定の場所を指していた。

ネヴィンズはシャベルやコンパスをもって、その場所に向かった。
ゲームに対応しているかのように道のりが同じで、森に入り、ずっと北に進んでいて、彼はワクワクしたという。

数字の指す場所に着くと、たしかに土がやわらかかった。宝物かもしれない。

シャベルに当たったのは、ブロンドの髪をした頭だった。

ネヴィンズは驚き、あわてて警察に連絡をした。その少女は、カレン・ポールセンという少女であり、1年前から行方不明になっていたことがわかった。

警察はPale Lunaのクリエイターを特定しようとしたが、システムが複雑であり、当時のネット環境が今ほど整備されていなかったため、発見できなかったという。
カレン・ポールセンの体もまだ見つかっていないらしい。

5.海外で起きた、ポケモンGOの不気味な話

ゲーム ポケモンGOの怖い話

ポケモンGO、スマホにもうインストールしているだろうか。

海外で起きた不気味な話をご紹介しよう。

あるグループが、ポケモンを求めて夜の墓地近くを車で走っていたときのことだ。
ポケモンGOの画面に、ポケストップがある場所が表示される。しかも、たくさん!(ポケストップはアイテムがもらえる場所のこと。)

少年たちは車を降りて、ポケストップがある場所へ急いだ。

それは墓地がある霊園の中に続いている。少年たちが画面だけを見て夢中で歩いていくと。

光り輝くポケストップは、すべてのお墓の上に置かれていたらしい。

お墓から何かが手に入ると思うと、かなり不気味だ。


参考:whatculutureTHEGAMERCBR.comBustleGRUNGE など

人気記事

1

Redditはアメリカ版2ちゃんのようなサイト。米版2ちゃんに投稿されたなかから、3人の怖い話をご紹 ...

世界の怖い人形たち 2

キュートともいわれるし、一部では怖いとも思われているエルモ。海外では子どもへのギフトによく選ばれてい ...

山の中の怖い話 3

登山、ハイキングなど山や森に入った人のうち、毎年300人近くが行方不明となっている。令和元年の行方不 ...

怖い話 4

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

深海生物 5

海の奥底に、何がいるか想像できるだろうか?脳や臓器がなくても生きている不思議なもの、エイリアンのよう ...

-怖い, 遊び

© 2021 INZY:インジー